読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

Bluetoothオーディオトランスミッターで手持ちの機器をかんたんにBluetooth対応に!

PC・周辺機器 感想・レビュー

こんにちは。有給取って4連休二日目ののらぬこです。

ここ数年、Bluetoothヘッドホンを使い続けています。

Bluetoothのヘッドホン、有線に比べると音が悪いとか遅延が発生するなどの意見もありますが、やっぱり便利です。

AndroidスマホiPhonePSVita等のbluetooth対応機器であれば、Bluetooth接続を使ってワイヤレスで音楽などを楽しめます。

nintendo 3DSなどのBluetooth非対応の機器の場合は、3.5インチミニジャックケーブルを用意して、オーディオ機器側のヘッドホン出力端子*1とヘッドホン側のオーディオ入力端子を接続することで、通常の有線ヘッドホンと同様に音楽などを楽しむことができます。

ですが、世の中には便利なものがあるもので、bluetooth非対応のプレーヤーにbluetooth対応のヘッドホンやスピーカーなどをワイヤレスで接続できるようにしてくれる機器が存在します。

それが、今回ご紹介する「「bluetoothトランスミッター」と呼ばれている機器になります。

使い方も簡単で、bluetoothトランスミッターと音楽プレーヤーやスマホなどの機器を、3.5インチミニジャックケーブルで接続して、bluetoothトランスミッターとヘッドホンをペアリングするだけです。

プレーヤーからbluetoothトランスミッターに入ってきたオーディオ信号を、bluetoothトランスミッターが、Bluetoothオーディオの電波に変換して、その信号をヘッドホンに届けてくれます。

ということで、今回は、僕が使っているbluetoothオーディオトランスミッターの紹介と、選ぶ際の基準みたいなことを書いていきたいと思います。

amazonで、「Bluetooth オーディオトランスミッター」などの言葉で検索すると、結構たくさんの製品が出てきます。

値段も2000円程度のものから6000円オーバーくらいのものまで様々です。

値段が高い=音がいい というわけでもない

すでにBluetoothヘッドホンをお持ちの方であればご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、Bluetoothでの音楽転送方式には、どの機器でも使える代わりに若干遅延が発生する「SBC」という方式と、使える機器が限られている代わりに遅延が少なく音質も良いと言われている「apt-x(LowLaytency)」という方式があります。

これ以外にも、主にapple製品で使われている「AAC」や、ハイレゾ音源向けの「LDAC」とか「apt-x HD」なる規格もあるんですが、今回はそういった記事でもないのでこの辺は割愛します。

さて、音質についてなんですが、「SBC」より「aptx」のほうがいいとは言われています(仕様上でも確かにそうなっているみたいですが、正直僕にはよくわかりません。

静かな部屋でそれなりのお値段のヘッドホンを使えばわかるのかもしれないですが、少なくとも、お出かけ中、電車の中で聞く分には聴き比べるのは難しいと思います。

それよりも、ヘッドホンのお値段とか音の好みとかのほうがよっぽど大事なんじゃないかと。

さて、値段の高いBluetoothオーディオトランスミッターは何がすごいかというと、「apt-x」対応だったり、送信側としてだけではなく受信側としても使えると言った付加価値がついているものが多いです。

「apt-x」に対応していればひょっとしたら体感でもなんとなくわかるくらいに良い音で聞けるかもしれません。
ただしヘッドホン側が「SBC」にしか対応していない場合には、SBCモードでの転送になるため、トランスミッターだけ「apt-x」対応のものを購入しても、apt-xの恩恵は受けられません。

「SBC」にしか対応していないBluetoothオーディオトランスミッターのレビューに、「さすがapt-x対応は音が違う」みたいな書き込みを見かけたことがありますし、まあ、人の耳なんてそんなもんです。

でもやっぱりapt-x対応品をおすすめする理由がある

「SBC」は、オーディオ機器が音を鳴らしてからヘッドホンが音を鳴らすまで、公称値で0.2秒ほどの遅延があります。
オーディオプレーヤーとして使ってる分にはなんの問題もないですが、映画やアニメ鑑賞だとちょっと違和感が出るかもしれません。
更にゲーム用途だとジャンルにもよりますが結構きついです。

俳優さんやアニメキャラが口を動かし始めた後ちょっと遅れて声が聞こえてくる、爆発が起こってちょっと遅れて「どか~ん」ていう効果音が鳴る、ゲームのメニューを開いてからちょっと遅れて「ぴろ~ん」とメニューを開いた効果音。

個人差は出てくると思いますが、違和感覚える方も出て来るんじゃないかと。

一方、「apt-x」の遅延は約70ms(0.07秒)と言われています。音ゲー以外では困ることはないと思います*2はやっぱり厳しいです))。

更に遅延を少なくした「aptX low laytency」では、対応機器はものすごく限られてきますが遅延は35ms(0.035秒)程度のようです。対応製品何も持っていないので確認できないですが、もしかしたら音ゲーも行けるかもしれません。

僕が使っているのは・・・

この商品です。aptX対応のヘッドホンを常用しているので、せっかくなのでということでaptX対応のものを買いました。
たまに接続までにもたつくこともありますが不具合で困ったことは今のところありません。

遅延についても、音楽、ゲーム、動画などで使用していますが、音ゲー以外で違和感を感じたことはありません。

もちろん、これ以外にも同等の機能を持った商品が各社さんから色々と出ています。

性能を比較したブログ記事なんかも幾つか出ております。

ただ、Amazonレビューを見ると、接続が不安定だったり、無音部が続くと自動ミュートしてしまう機能が仇となり、小音量部分が続くと勝手にミュートしてしまう事例や、そもそもうまく繋がらないというレビューも見受けられます。

購入を検討されている方は、実際に購入された方のレビューもちら見しつつ、良さげなものを選んでいただければと思います。

お読みいただいてありがとうございました。

*1:超最近のApple端末以外のほとんどの機種に搭載されている

*2:aptX対応のトランスミッターを所有していますが、音ゲー((初音ミク project DIVA f2 - ps vita版