読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

予想以上の便利さを提供してくれたドラム式洗濯機 ~メリットと注意点を語ってみる~

感想・レビュー 雑記

僕がドラム式洗濯機を選んだ訳

掃除、洗濯、料理、食後の後片付けという家事の中で、最も苦行なのは洗濯だと思っています。

洗濯機に洗濯物を入れてスイッチを入れた時点で、「1時間後に洗濯が終わった洗濯物を干さなければならない」という行動的制制約が課せられます。特に、外出が禁止される(洗濯が終わるタイミングで在宅していなければならない)というのが個人的には一番の心理的負担です。

さらには、干した後も夕方or翌朝に干した洗濯物を取り込むという行動を頭の片隅に残しておく必要があります。

万が一取り込みを忘れた場合、晴れ続きであればいいのですが、そのまま仕事に出かけて昼から雨ったりするととてもとても残念な気持ちになります。

そんな悩みを軽減してくれるかもしれないドラム式洗濯機、前々からほしかったのですが、価格が20万とかするのがネックでなかなか手を出せずにいました。

今年のお正月、三が日の最後の日、お正月特価セールに期待して、ヨドバシAkibaに足を運んでみました。すると、予定通りというかなんというか、家電売り場の各種家電も結構な値引き価格で売られておりました。しかも、ドラム式洗濯機に至っては、お正月特価で通常価格よりも3万~5万ほどのお値引き価格で販売れています。

「迷っている理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめろ」っていう格言もありますが、あるといろいろ捗りそうではあるし、時間的制約から生まれるストレスが20万円で解消されるというのはメリットとしては十分と思うし、今使っている縦型の洗濯機もまとめ洗いするにはちょっと小さいし、小一時間ほどうろうろしつつ悩んだのですが、買い替える決断を致しました。

選ぶ時の注意点

ドラム式洗濯機使用中の友人に、選び方のコツを聞いてみたところ「設置サイズ」「搬入サイズ」「メンテナンス(フィルター掃除)のやりやすさ」かなー、というご神託をいただきました。

ドラム式洗濯機は、現在「日立」「パナ」「東芝」「シャープ」の4社から販売されています。

この中から選んでいくわけですが、まず搬入サイズに関しては、戸建て住まいなので廊下を通過できるサイズであれば無問題。

設置サイズについては、排水溝が奥の壁から65センチの位置にあるのがネックでしたが、最悪高さをかさ上げすればどうにかなると思ってたのであまり気にしていませんでした。ただ、ランドリースペースの既存の収納家具の都合上、幅が60cm以上のものを選んでしまうと収納家具の買い直しをしないとどうにもならない感じだったので、幅60cm以下は割と重要ポイントでした。

メンテナンス性については、どのメーカーも下に排水用ゴミ取り装置のの糸くずカゴ、上に乾燥機排気ダクト用の吸排気フィルタがあるというのは大体一緒だったので、こちらに関してもどれも似たり寄ったりでした。

さて、ドラム式洗濯機なのですが、狭いスペースにも収まるコンパクトなものと、ファミリー向けの標準サイズの2タイプが存在します。

コンパクトサイズのドラム式洗濯機ははパナソニックやシャープから出ていて、幅、奥行きそれぞれ60cmとなっています。

標準サイズのものは、幅、奥行きのいずれかが75cm、もう一方が60cm前後のものが多いです。

ちなみに、スペック上の容量は、コンパクトサイズの場合は洗濯容量6kg前後、標準サイズの物では洗濯容量10kg前後、どちらのサイズも乾燥容量はだいたいその半分、といったところでどのメーカもあまり差はありません。

結局、値段とメーカーの好みと見た目で選びました。

独り住まいなのでコンパクトサイズのものも一応検討しました。

しかし、コンパクトといっても、奥行きが15cmほど小さいだけでしたし、何より乾燥容量が3kgほどしかなく、これでは今の縦型よりも小さくなってしまうため候補からは外しました。

結局、購入したのは、最近いろいろ(悪い意味で)話題の絶えない東芝さんの最新型モデルです。

実物はこんな感じです。

f:id:noranuk0:20170304225213j:plain

操作パネルがなんか未来チックなのがかっこよくて割と気に入っております。

ちなみに、僕が購入したときは、17万3000円+10%ポイント還元ほどでしたが、価格コムなどで探すと、現在の最安価格はもう少し安くなっているようです。

ドラム式洗濯機を買ってよかったこと

洗濯物を放り込んでスイッチを押せばあとは乾燥まで全部やってくれるというのは思っていた以上に心理的に楽です。

別に洗濯マニアではないので、仕上がりがどうだとか、しわがどうだとか、そういうのはよくわかりませんが、とりあえずきれいにはなっています。また、今のところ生乾きだったこともありません。

セミダブルサイズの毛布も洗ってみましたが、洗ってもフカフカのまま、もちろんちゃんと綺麗になりました。

ドラム式洗濯機の注意点

乾燥機用のダクトのエアフィルター、排水用の糸くずかご(排水用の水にまざってる糸くずなどのごみを回収するための部品)ですが、とにかく毎回結構な量のほこりがたまります。

まず、乾燥機用のダクトフィルターには、毎回厚さ数ミリのレベルで綿埃がみっちり付着しています。
乾燥始めて半分くらい時間たったタイミングで、一時停止&フィルタ掃除をしたほうが若干効率が上がるんじゃないかって思うほどです*1

ただし、掃除といっても、古い歯ブラシなどで軽くこすってあげれば、綿埃の塊がごそっと取れるので、めんどくさいということは全くありません。

むしろ、乾燥用のダクトが埃で詰まって乾燥しても生乾きだったり、最悪故障したりという事例も検索するとたくさん出てくるので、毎回のフィルタ掃除は超重要と感じます。

ドラム式洗濯機 乾燥できない - Google 検索

次に排水用の糸くずかごなのですが、こちらも結構な糸くずがたまります。やはり毎回掃除したほうがよさそうです。

ただ、縦型洗濯機の槽内側についているような糸くず回収袋に比べると目が粗いです。細かい糸くずなどは水流でそのまま排水溝に流れて行ってしまうんじゃないかっていうくらいには粗いです。

排水溝が詰まった場合、なんだかとてもめんどくさいことになりそうなので、対策をいくつかとっています。

1つ目は、糸くずかごの中にくっつけるゴミ取りフィルターです。 洗濯機内蔵の糸くずかごよりも目が細かいため、小さな糸くずもしっかりキャッチできるようになるはずです。

2つ目は、洗濯機の排水パイプと排水溝の間に挟むタイプの糸くずフィルターボックスです。洗濯機の糸くずフィルターで取れなかったごみをここで再回収するために使っています。 紹介した商品は東芝製ですが、排水溝の口径に合わせて作られているため、おそらく他のメーカーの洗濯機でも使えると思います。なお、日立やパナからも類似品が出ているようです。

糸くずフィルターボックスにも量は少ないですが糸くずや髪の毛などのゴミがたまります。2、3回の洗濯で一つまみというくらいです。

細かいゴミなら水流にのってそのまま流れてしまいそうではありますが、まあ、一応気休め程度といったところでしょうか。

まとめ

ドラム式洗濯機、縦型洗濯機と比べると値段も高いし、メンテナンスに若干気を使う必要が出てくることも確かですが、天気の心配と自分のタイムスケジュールを拘束する要因を1つ取り払ってくれるという意味で、費用に見合ったメリットがあると思います。

今後、洗濯のために費やす時間を軽減するための投資と考えれば、確かに多少お高いですが、購入する価値は十分にあると思います。

この記事が、ドラム式洗濯機ほしいなーと思っている方、すでにお使いの方のご参考になれば幸いです。

次は家事の中でも2番目に嫌いな食後の後片付けを楽にしてくれるかもしれない食洗器を導入したいなぁ。と思う今日この頃です。お金があれば。ですが。。。。

お読みいただいてありがとうございました。

*1:そんなめんどくさいことやらないけど