読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

【ペルソナ5】シリーズ最新作発売!ネタバレなしで感想書くよ!

感想・レビュー ゲーム

割りとゲーム好きです。

無駄に熱くて厨二設定全開で登場キャラ(特に女の子)が可愛くてエフェクトもかっこいい、声優さんが上手ならボイス付きもいいね、あと話があんまり難しくない系のJRPGが好きです。

 

ただ、割と飽きっぽい&目移りしてしまうようで、なんとなく途中で飽きて放置しているゲームも多いです。

 

最近は、購入後、シナリオ半分くらいまで進めたところで暫くほったらかしだった「P4G」と「ペルソナQ」を並行で進めていたのですが、この間テレビでやっていた、ペルソナ5発売直前特番を見ていて、なんか無性に欲しくなってきたので、ついついDL版購入してしまいました。


ペルソナ5 オープニングアニメーション

 

前夜祭

9月14日 23時59分:ペルソナ5起動できるまであと17秒!

ペルソナ5ダウンロード版 予約注文

 

感想!

 パーティーメンバーが4人揃うあたりまでプレイしました。

時間にして5時間弱くらいと思います。

 

まだまだ序盤ですが、一旦区切りをつけてこれまでの感想を書きたいと思います。

 

グラフィック、BGM

前作、ペルソナ4は、メインカラーの黄色に、水色や緑などのパステルカラー系の色を混ぜた、ポップで派手なデザインだったのですが、ペルソナ5は、赤を基軸に、黒(+白)でアレンジした、派手なのは同じですが、こちらは暗くてちょっとアングラっぽい面が全面に押し出されています。

 

まずはタイトル画面。

ペルソナ5 タイトル画面

 

移動中に出てくる会話ウィンドウ

ペルソナ5 プレイ画面 移動中

 

 そして戦闘画面

ペルソナ5 プレイ画面 戦闘中

 

演出も派手で、いろんなものがよく動く

FFの魔法や召喚獣のような光の演出ではなく、メニューやらステータス表示やら画面のオブジェクトがグリグリ動く感じです。戦闘終了時の「経験値xx お金 xx レベルアップ!」な演出とかもなかなかかっこいいです。また、動きと合わせて流れる効果音も心地よいです。触っていて楽しい&かっこいいUIを意識して作られているように感じました。

 

ジャズ風の曲も絵にピッタリとマッチしていて、聞いてて心地よいです。

 

随所に埋め込まれているアニメーション。

あまり多用すると「ムービーゲー」とか批判の的になったりもしてるようですが、ゲームプレイ中画面がグリグリ大胆に動き回ってるせいもあり、アニメーションパートにもすんなり入っていけます。

クオリティーは普通と思いますが、期待を裏切らない出来栄えです。

もちろん、スキップも簡単にできます。

 

システム周り

戦闘、日常パートは基本的には前作ペルソナと同じです。

もちろん色々と進化しています。

放課後の自由行動はまだ解禁されたばかりなので、日常パートについては何ができるのかとかまだわかってないです。

なので、戦闘パートの話をしたいと思います。

バトルシステム

戦闘はターン制で、敵味方ともに弱点をつくと相手がダウンし1 more(もう一度う行動できる)が発生するのは前作と一緒です。

ペルソナ5では、1 moreの権利を他のメンバーに譲る事ができるようになっています。

例えば、「弱:炎 弱:風 弱:氷」な敵パーティが出たとき

  アギ弱:炎な敵を攻撃 

→ 1more

→ ガル持ちのキャラにチェンジ ガル弱:風な敵を攻撃 

→ 1more

→ ブフ持ちのキャラにチェンジ ブフ弱:氷な敵を攻撃

全敵ダウン!

これ、やってることは単純なのですが、結構爽快感があります。

 また、回数制限がありますが、銃も使えます。

乱射して「弱:銃」な敵をまとめてダウンさせるなんてこともできます。

敵の強さは「SAFETY」「EASY」「NORMAL」「HARD」の4段階から選ぶことが出来ます。また、「SAFETY」以外はゲーム中も自由に難易度変更可能です。

2周目以降で「リスキー」とかは出てくるんでしょうか。

戦闘バランスは、ノーマルでプレイした感覚だと、弱点がわかってしまえばそれなりに楽ですが、弱点がわからない最初のエンカウントや、こちらの弱点属性持ちのシャドーがたくさんでてくると、うえーってなるくらいのバランスです。とくにセーブしてから暫く経っているときとか。

 

新たなペルソナ取得

今作では、 すべての敵をダウンさせると、一斉攻撃の他にシャドーと交渉することもできるようになりました。

所謂メガテンのアレと一緒です。うまく話をつけると、主人公の新たなペルソナとして宿ってくれます。

なお、メガテンのように、仲間になる代わりにアイテムくれとか金くれとか言われることは無いみたいです。

ペルソナ合体

今のところ、開放されているのは二身合体のみなので、その他、どんな要素が出てくるのかは今のところ不明です。

なお、合体前に保持していたスキルをいくつか選んで合体後のシャドーに引き継ぐことができるのは前作同様です。

 

シナリオ

オープニングは、カジノで何かやらかしたと思われる主人公が、カジノから脱出するところから始まります。

某名探偵アニメの某怪盗の如く、地上x階のガラス窓を破り、外にダイブ。

その後、本編に入っていきます。

ここからの展開は、前作と比べると展開はシリアスです。某謎生物がいじられキャラ扱いなのか、掛け合いは見ていて楽しいですが、本編シナリオは割りとマジ展開で進行しています。

シナリオの中身、今のところとても面白いです。

 

残念な点

一応ベタ褒め展開のつもりで書いてきましたが、残念な点も上げておきます。

今時のゲームなので、各キャラ大体喋ります。

セリフ収録後、シナリオ作ったところとかでしょうか、しゃべらないところもちらほらあります。

メインキャラの声はピタッと決まっていて、聞いてていて心地よいのですが

一部の男脇役キャラ(例えば序盤に出てくる某城の主、イゴールさん)で、演技のレベルが微妙だったり、声質がキャラと合ってないとか、顔の表情と声の表情が一致してないというのが多いです。ほかに目立った難点が無いだけに、ここだけはもうちょいどうにかしてほしかったです。

 

ここだけ目をつぶれば、他の演出、シナリオともに素晴らしいゲームだと思います。

 

シリーズファンの方や、興味はあるけどまだ迷っている方の、購入判断の参考となれば幸いです。

P5 - ペルソナ5 - 公式サイト

 

 

目標

 11月末、YU-NO発売までに頑張ってクリアする!

 

 

ペルソナ5 - 20thアニバーサリエディションの紹介

最後に、ペルソナ5 - 20thアニバーサリエディションの紹介です。

ペルソナ5は、通常版の他に、色々特典がついた「20thアニバーサリエディション」も発売されています。

特典の内容と価格差を考えると、まあ若干割高かなーという気もしますが、質はなかなかのものです。

 

特典としてついてくるテーマです。

ペルソナ5 特典テーマ

赤を貴重とした、ペルソナ5デザインとなっており、BGMもペルソナ5のメインBGMになります。

 

【続きを見る】

 中盤までプレイしたあたりでのレビューです。

ペルソナ5の残念な点を中心に書いています。

noranuk0.hatenablog.com

 

【ペルソナQ】

発売からだいぶ日がたってしまいましたが、ペルソナQクリアしました。

noranuk0.hatenablog.com

 

 

 以下、リンク先はPS4版になっています。PS4版の他に、PS3版もあります。ご購入される際はハードの間違いにご注意ください。

また、通常特典版の他に、Amazon特典版、通常版(特典なし)などもありますので、そちらも合わせてご注意ください。