読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

COWON V5-32GB-WH が届いた

こんにちは。

昨日付けで、とある変化が確定しました。

さて、前回トピックで紹介した「COWON V5-32GB-WH」が昨日届きました。

まずは感想から

良かった点

  • 事前に調べた通り、画質、音質は素晴らしい
    • 音質については、Sony X-1060と比べても遜色ないです。
  • 付属オーディオプレーヤー、動画プレーヤーの使い勝手はかなり良い
  • 再生モードがかなりいろいろ選べる。
    • 動画の連続再生ができるのは大きい
  • WindowsCEデスクトップに抜けることができ、エクスプローラでのファイル管理が可能。
  • VisualStudio2008 + Windows CE 5.0 SDKで、自作アプリ開発も可能。
  • CE向け既存アプリでは、ARM4I向けにビルドされたネイティブアプリは動きそう。

残念な点

  • ActiveSync非対応
    • .net compact framework がインストールできない。
    • 従って、C#での開発はできない。
    • 2010/6/8追記 以下の手順でインストール可能
      • .net compact framework 3.5 をPCにインストールする。
      • インストール先フォルダの ~\Microsoft.NET\SDK\CompactFramework\v3.5\WindowsCEに入っている『NETCFv35.wce.armv4.cab』を V5にコピーする。
      • WinCEデスクトップ上のエクスプローラから cabをつつくとインストーラが立ち上がる。
      • そのまま、左上の OK をつつく。
      • インストール後、青空子猫(青空文庫リーダ)の起動が確認できました。
  • 動画、音楽プレーヤーでは再生速度変更ができるができるが、音質がいまいち。
    • この辺の技術はsonyには敵わないか
  • 本体内蔵スピーカーが背面についている
    • 机においてスピーカーから音を出すという使い方ができない。
    • まあ、あんまりそういうのやらないけど。

WindowsCEのデスクトップ画面です。

f:id:mikenekoDX:20100602092013j:image

壁紙は気にしないでください。。。


自作アプリケーション開発手順

*1:V5に搭載されているCEのバージョンは6.0ですが、6.0SDKは無償提供されていないようです