読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

Ubuntu 10.04 に xinetd + vncserverを入れる

修正 7/25

  • 以下の誤りを修正しました。
    • インストールパッケージ名の間違い : java-vnc -> vnc-java
    • vncpasswdの起動パラメータを追記
    • /etc/vncpasswdの所有者、アクセス権変更コマンドを追加。

修正 5/26

  • 以下のファイル内容の間違いを修正しました
    • /etc/xinetd.d/vnc
    • /etc/gdm/custom.conf

Ubuntu10.04にvncserverを導入した。

環境

サーバ:Ubuntu10.04-x86 vnc4server

クライアント:Windows7 UltraVNC

サーバ側導入手順

必要なパッケージをインストールする。

fix:2010/07/25 : java-vnc -> vnc-java

# apt-get install vnc4server vnc-java xinetd

vnc-javaは、Webブラウザからvncにアクセスする場合のみ必要。

vnc用のxinetd環境ファイルの作成

# vi /etc/xinetd.d/vnc
service vnc 
{
        type = UNLISTED
        disable = no
        socket_type = stream
        protocol = tcp 
        wait = no
        user = nobody
        server = /usr/bin/Xvnc
        server_args = -inetd -query localhost -geometry 1680x1050 -depth 24 -once -DisconnectClients=0 -NeverShared -passwordFile=/etc/vncpasswd -fp /usr/share/fonts/X11/misc,/usr/share/fonts/X11/100dpi/:unscaled,/usr/share/fonts/X11/75dpi/:unscaled,/usr/share/fonts/X11/Type1,/usr/share/fonts/X11/100dpi,/usr/share/fonts/X11/75dpi,/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType

        port = 5902  # portの行は適宜変更する

}
※ server_args行に ディスプレイ番号は指定できない。
※ server_args行に、-extension XFIXES の記述をしてはいけない。
※ server_args行の-geometry、-depth、port 行は適宜変更する
# vi /etc/services
# 以下を追加 portの値 は /etc/xinetd.d/vnc の記述と合わせる
vnc      5902/tcp

gdm の設定を変更する

# vi /etc/gdm/gdm.schema
....
    <schema>
      <key>security/DisallowTCP</key>
      <signature>b</signature>
-      <default>true</default>
+      <default>false</default>
    </schema>
....
    <schema>
      <key>xdmcp/Enable</key>
      <signature>b</signature>
-      <default>false</default>
+      <default>true</default>
    </schema>
....
# vi /etc/gdm/custom.conf
; 各セクションに以下を追加
[daemon]
RemoteGreeter=/usr/lib/gdm/gdm-simple-greeter
DefaultSession=gnome
[xdmcp]
Enable=true
DisplaysPerHost=2
[security]
DisallowTCP=false

※[xdmcp] - DisplaysPerHost=2 の設定を行わないと、vnc接続を一度切ると再接続できない。

vnc接続時に指定する vncpasswordの設定を行う

fix:2010/07/25 : # vncpasswd -> # vncpasswd /etc/vncpasswd / 所有者・アクセス権の設定を追加

# vncpasswd /etc/vncpasswd
Password: < password入力>
Verify: <もう一度入力>
# chown nobody:root /etc/vncpasswd
# chmod 0600 /etc/vncpasswd
# ls -l /etc/vncpasswd
-rw------- 1 nobody root ..... /etc/vncpasswd

xinetd, gdmの再起動

# /etc/init.d/xinetd restart
# /etc/init.d/gdm restart

※ gdmはPCごと再起動しないとうまく再起動できないかもしれない。


ここまでの操作を行うことで、vncクライアントからUbuntuに接続できるようになる。


vncから接続すると、日本語入力切り替えが <半角/全角>キーでできなくなっている。

vncで接続後、タスクバーの通知領域からIBUSの設定画面を開き、

キーボードショートカット:切り替えに、Hankaku, Zenkaku の2つのキーを追加してやる。