読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

SSD延命計画

まずはこれを見てほしい

f:id:mikenekoDX:20100508035223p:image

先日買ったマッハドライブというソフトの導入効果である。


SSDって書き込み回数に制限があり、SLCで大体10万回、MLCでは1万回、ただし最近の34nmプロセスのものだとさらにその半分とかいわれている*1

僕はSSDをシステムドライブとして使用しているのですが、システムドライブって結構頻繁に書き込みアクセスがある。

レジストリ

・各種テンポラリディレクト

・\users\<user name>\

・\ProgramData\以下

・ページファイル

など

各種テンポラリディレクトリ、ページファイルに関しては別ドライブに移動できるし*2

\users\<user name>\ 以下も、\documentsなどは別ドライブに移動することは可能。

問題はレジストリで、

インストーラは容赦なく設定初期値を大量に書き込むし、

アプリケーションは設定画面が閉じられた時とか、ウィンドウ位置が変わった時とか、終了時にはとりあえず全項目を上書きするだの、かなりNANDフラッシュを酷使しているに違いない。

SSDへの書き込みをメモリーにキャッシュして、一定時間ごとに自動でフラッシュしてくれるようなソフトがあれば、レジストリへのディスク書き込み回数も減らせるのでは?

ということで、見つけたのが I-Oデータが販売している マッハドライブというソフト。

導入すると、SSDへの書き込みをどの程度抑制したかを表示してくれるのですが、その結果がこれ

f:id:mikenekoDX:20100509233031p:image

書き込み回数が約1/3になってるようです。

SSDの寿命が書き込み回数のみによって制限されると仮定すれば、これで3倍長持ちするはず。

マッハドライブの価格税込み2500円で、SSD買い替え2回分約40000円(INTEL X25-Mの場合)が浮くと考えれば

かなりお得かもしれません(^-^)v

http://www.ioplaza.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=50-MDRVESD-001

プチフリもかなり解消されるようなので、JMicron製ちょっと残念なコントローラを積んだSSD使われている方にもうれしい製品かもしれません。

*1Wikipediaとかでこれを書くと[要出典]タグとかつけられるんだろうなぁ

*2:未だにテンポラリディレクトを c:\windows\temp で決め打ちしているアプリもあるようだが・・・