読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらぬこの日常を描く

ノージャンルのお役立ち情報やアニメとゲームの話、ソフトウェア開発に関する話などを中心としたブログです。

当初の目的達成~ コンソールのステータス領域にに再生中の曲名を(ry

2014/6/20 ubuntu studio 14.04 + jack 環境向けに色々修正

元記事は2010年頃のfedora coreをベースに書かれています。画面とか撮り直すのめんどくさいのでそのまま使ってますが、ubuntuの画面とちょっと違うところがあるかもしれません。

  • やりたいこと
    • ubuntu studio 14.04の console 環境でmp3等の音楽ファイルをバックグラウンド再生し、
    • 更に再生中の曲名をtmuxのステータスエリアに表示させる。
    • windows環境からputty越しに再生、停止などできるようにしたい。

f:id:mikenekoDX:20100211023200p:image

  • 作業手順の紹介
    • ubuntu起動時に、juked(オーディオサーバ)を自動起動するように設定します。
    • juked はリモート環境からはうまく起動できないかもしれません。
    • ubuntu起動時に開始させてしまったほうがきっと後々楽です。

/etc/profile.d/juked.sh を新規作成し、以下のように書いてください。

#!/bin/bash
/usr/bin/jackd -dalsa > /dev/null 2>&1

なお、jackd にはいろいろオプションが有るようです。音質に影響のあるオプションも色々あるみたいなので、ちょっとでもいい音で!って方は、色々調べてみてください。

  • スクリプトとか設定とか
    • 以下、mplayerで /var/music/以下に散らばるオーディオファイルをランダム再生する scriptです。
    • 起動は .sh から行います。 .sh で playlistを作成し、それを ruby側で mplayerに食わせています。
#!/bin/bash
# ~/bin/mplay.sh

find /var/music -name *.mp3 > playlist.txt
find /var/music -name *.wma >> playlist.txt
find /var/music -name *m4a >> playlist.txt
nohup ruby ./exec_mplayer.rb &>/dev/null 2>&1 &
#!/usr/bin/env ruby
# ~/bin/exec_mplayer.rb

require 'nkf'

f = /^Playing /
t = /^ [Tt]itle\:/
ldir = ""
fname = ""
tname = ""

at_exit{
  c = open( "./current.txt", "w" )
  c.close()
}

open( "| mplayer -ao jack -shuffle -playlist ./playlist.txt" ).each_line { |l|
  if f.match(l)
    l = NKF.nkf('-w8', l)
    fname = l.split( "/" ).last
    fname = fname.gsub( /^[ \t\r\n]+/, "" )
    fname = fname.gsub( /[ \t\r\n]+$/, "" )
    if fname != ""
      c = open( "./current.txt", "w" )
      c.write( fname )
      c.close
    end
  end
  if t.match(l)
    tname = l.gsub( t, "" )
    tname = NKF.nkf( '-w8', tname )
    tname = tname.gsub( /^[ \t\r\n]+/, "" )
    tname = tname.gsub( /[ \t\r\n]+$/, "" )
    if tname != ""
      c = open( "./current.txt", "w" )
      c.write( tname )
      c.close
    end
  end
}

あんま綺麗なソースじゃないですが、やってることは、

mplayerの標準出力を解析し、再生中のTitleタグ、tagが定義されていなければファイル名を

./curret.txt に随時書き出しています。


最後に、tmuxのステータス領域を~/bin/current.txt の内容で随時更新してやれば完了です。

~/.tmux.conf に以下を追加

set-option -g status-right '#(cat ~/bin/current.txt) [%y/%m/%d %H:%M]'
set-option -g status-interval 3

set-option -g status-right '....' が、ステータス領域の右端の表示内容を定義するためのオプションです。

その中の#(cat ~/bin/current.txt) が current.txt の内容をステータスバーに表示するための設定です。

#( command ) は、ステータス表示時に command を実行し、標準出力の先頭1行の内容に置き換えられるので、

tmux実行時再生中の曲名に置き換えられるはず。

また、

set-option -g status-interval 3

は、ステータスの更新間隔。

3秒おきに cat .... を動かして曲名を取得し、ステータス領域に反映させてる感じです。

更新間隔を短くすれば、表示されている曲名と、実際に流れている曲名がずれる時間を短くすることもできます。